ヒゲ監督の情熱日記!

豊津西チャイルド スピリッツのソフトボール日記 と・・・

ウェイトトレーニングの功罪

斉藤祐樹がまた打たれた・・・

パ・リーグの野球に詳しい評論家の池田親興さんが

「肩の可動域に問題があるように見える」と言っている

斉藤はプロに入ってから ウェートトレーニングをやった マッチョになっている

直接関係があるのかないのか・・またか・・・って感じ

桑田 江川 松坂らもそのあたりから おかしくなってきた気がするが・・

 

そもそもパワーのある外人とは身体の構造が違う

球場の広さ ベース間の距離 ボールの大きさ バットの重さなどの感じ方が 日本人と違う

パワーで対抗しようとすると 身体を痛める 

無理をすればフォームは崩れ 力に頼り 身体は悲鳴をあげる

日本人が目指すべきは テクニック キレ 駆け引き そしてコントロールだろう

 

ウェートトレーニングが悪いとは言わない 

ただ鍛えるうちに 忘れていく部分があるのと違うか・・と言いたいが・・

全ての筋肉や腱をバランスよく鍛えるのは難しい

スポーツ科学が発達した現代でも 人間の身体は未知の世界が多いな

 

筋肉に力をこめると動くスピードは遅くなる・・脱力して必要な瞬間だけ力を使う

ピッチャーはみんなやってきたはずなんだけど・・・

 

私の勝手な推測で 何の根拠もありませんが・・念のため

 

明日は吹田市こども協議会スポーツ大会の抽選会

午後はジュニアリーグ NEO戦

また1日頑張らんと・・・