ヒゲ監督の情熱日記!

豊津西チャイルド スピリッツのソフトボール日記 と・・・

K/BB

昨年を上回る驚異的な投球内容 

世界最強投手の呼び声も高いロサンゼルス・ドジャースクレイトン・カーショウ

過去5年間でサイヤング賞3回 昨年は300奪三振を達成


今季の成績は11勝1敗 141奪三振 防御率1.57 勝利数 防御率 奪三振数 イニング数等ほぼ全ての主要項目でMLBトップ

特に目立つのが投球のクオリティーを示すK/BB(奪三振/四球)

今季は141奪三振に対し 与四球はわずかに7 K/BBは20.14

 

しばらくは負けそうに無い

f:id:toyotunisi:20160622230406j:plain

しかしメジャーは選手の分析にいろんな計算式を考えるもんだ

K/BB(奪三振/四球)四球1個出す間に何個三振を獲れたか・・と言うこと

カーショウは四球1個出す間に 20個三振を獲る計算 すごすぎて・・

普通は救援投手などが高い数字を残すはず・・が 先発でこの飛びぬけた数字はすごい

規定投球回に達する投手で K/BBが 10点を越えたのは過去3人しかいないらしい

いかにすごいかが判る

コントロールが良くて三振が獲れる・・ピッチャーの理想やな

必ず試合を作ってくれるから 打撃陣は点を獲ることに集中できる

2点取れれば勝てるので 監督は楽だ

 

ちなみに今季の結布の K/BBを計算してみた・・・1.75 一応三振のほうが多い

結布は打たせて獲るタイプ 比べる方がおかしいか・・