読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒゲ監督の情熱日記!

豊津西チャイルド スピリッツのソフトボール日記 と・・・

まだ基礎作り

甲子園は引き分け再試合の2試合

今日はすんなり勝負がついたようだ

 

4校中3校が 甲子園初登板の投手を起用 ピッチャーの負担を考えてのことだ 

昔はたいていエースがひとりで投げ抜いていた 熱投に次ぐ熱投というやつ

勝利至上主義 チームとしては勝ちたいし 一番良いピッチャーを使いたいと思う

バッティング技術が向上した今 年々ピッチャーはきつくなってると思う

f:id:toyotunisi:20170328220412j:plain 公式戦初登板が甲子園のマウンド滋賀学園の光本君

 

腰 肘 肩・消耗品とも言われる選手の体 将来など考えると 無理はさせたくない

 

近年は継投で勝ち抜くチーム 何人も投手を用意するチームも増えてきたようだ 

WBCでは毎回ピッチャーが代わっていたチームもあったな

 

いい投手の熱投は感動するけど・・

プロが注目するような投手がどんなピッチングを見せるのか・・気にはなるけど・・

 

小学校から少年野球などで投げているピッチャーの多くは肘や肩を傷めた経験をもってると聞く

スポーツ選手はどこかで無理をする

競争心理も働くので少々痛くても投げるし 試合に出たがる

 

指導者は まずは投げる体力 筋力 柔軟性など基礎をしっかり作ってやらないと・・

そして肩やひじに負担がかからないフォームを見つけてやること

これからも気をつけて 指導したい

今はまだ無理をさせるときではない