ヒゲ監督の情熱日記!

豊津西チャイルド スピリッツのソフトボール日記 と・・・

指導方針

阪神 掛布2軍監督がやめる・・何かあるな・・と思ったらやはり・・

金本監督との指導方針の違いが 大きな要因のようだ

金本監督は広島で厳しく鍛えられた選手 掛布も厳しい練習をこなしたはず

教える側に立つと人それぞれやな

そこそこ育成結果は残しているみたいだが 金本監督には物足りないか・・

 

f:id:toyotunisi:20170915212220j:plain

                            

ちょっと掛布監督は甘い印象か・・練習は厳しくないとプロでは結果は出せない

自主性重視は大事だが 小学生じゃあるまいし ほめて伸ばすのはプロではちと違うと・・・ 

プロは結果が全て 人より結果を残さないと 生き残れない世界

よほどの天才でもない限り ライバルより何倍も練習しないと抜けない

自分にどれだけ厳しくできるか そこを育ててほしかった

 

                  *

小学生のソフトボール リトルリーグや少年野球と違って 入部のときの意識が低い

夢や将来のことなんて まだ何も考えていない

ただなんとなく 野球への取っ掛かり・・

その意識を変えなければ 勝てるチームにはならないが 最初から厳しくやりすぎると嫌気が差す

ついて来れない子は 途中でやめていく・・・

指導には根気が要る

 

コーチ 監督を始めた当初は3・4年生以上から・・キャッチボールすらできない子も多かった

とにかく 技術を教え 声を張り上げ 結構ガミガミ 焦りから 声も荒げた 渇を入れることも多かった

あと半年あればもうすこし・・・いつもそう言って卒団を迎えてきた・・

 

今のチームは 幼稚園 1年生からの子も多い 5年計画でやれたところもあり あんまり焦りはないが それでも もうすこしという思いはいつもある

結果や やる気 モチベーション チームカラー 自主性 いろんなことをバランスをとりながらやってきたつもり

あとはチームで大きな結果を残すこと 

もうすこし上手く・・もうすこし強く・・まだまだ物足りない